ニュース

2009年02月06日 掲載 (Published 02/06/2009)


平成22・23年度学会委員選挙候補者の推薦について: 3月2日(月)必着

平成22・23年度の学会委員(25名)の選挙が行なわれます。
本学会細則十七条によれば、委員の候補になるためには、正会員(学生を含む)3名以上の推薦が必要になります。そこで選挙に先立ち、本学会誌Vol.49巻1号の綴じ込みの推薦書(葉書)を用いて候補者を推薦して下さいますようお願い致します。

昨年この手続きによって推薦された候補者は12名でした。本学会公告(会誌2008年48巻3号)でお知らせしましたように、その後、運営委員会で3名以上の運営委員会の推薦により候補者を増やし、100名の委員候補者で選挙を行ないました。本年度の選挙でも正会員からの推薦された候補者が少ない場合には、昨年と同様の手続きで候補者を増やす予定です。

多くの分野から多数の候補を推薦して下さいますようお願い致します。
また、男女共同参画および人材育成(若手)の視点からも推薦して下さいますようお願い致します。


   候補者推薦締切:平成21年3月2日(月)必着


平成22・23年度委員選挙候補者推薦の投票の出だしは昨年に比べて低調です。このままですと、多くの会員からの意思が選挙に反映されません。
お手元の平成22・23年度委員選挙候補者推薦用のはがきに候補者の名前が書かれており、推薦者のお名前もしくは推薦者の会員番号のどちらかが記載されていれば有効票となります。候補者の所属は記入されても記入されなくても有効票となります。最大10名まで候補者を記入可能です。多くの会員からの多数の推薦をお願いします。

日本生物物理学会 選挙管理委員長 辰巳仁史

email:bpsjp(at)biophys.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)