ニュース

2017年02月06日 掲載 (Published 02/06/2017)


平成29年度日本分光学会 国際シンポジウム「ラマン分光のバイオ応用展開」/International symposium on Raman spectroscopy for biomedical applications

主催:日本分光学会
協賛:日本生物物理学会ほか

日時: 2017年5月24日(水)
場所:早稲田大学西早稲田キャンパス63号館(〒169-8555 新宿区大久保3-4-1)

概要:
平成29年度 日本分光学会 国際シンポジウム
「ラマン分光のバイオ応用展開」
International symposium on Raman spectroscopy for biomedical applications

高性能な光検出器や光源、デバイスの登場により、ラマン分光の活用は従来の応用分野を超えて広がっています。なかでもバイオ応用に向けては、基礎生物学から医療・創薬まで幅広くラマン分光の活用が期待され、計測装置からスペクトル解析法の開発、また新しい応用手法の提案と、分野を跨がる形で研究開発が進んでいます。本シンポジウムでは、技術開発から応用まで幅広い分野からラマン分光に係わる方々に集まっていただき、ラマン分光学のバイオ応用展開の現状と今後について議論いたします。

申し込み要(シンポジウムHPにてお知らせ予定)

参加費:
 主催・協賛学会会員(事前申込):7,000円
 主催・協賛学会会員(当日登録):9,000円
 非会員(事前申込):11,000円
 非会員(当日登録):13,000円
 主催・協賛学会会員(学生)(事前申込):0円
 主催・協賛学会会員(学生)(当日登録):1,000円
 非会員(学生)(事前申込):3,000円
 非会員(学生)(当日登録):4,000円

連絡先 :
日本分光学会
藤田克昌(大阪大学)

email:fujita(at)ap.eng.osaka-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://bit.ly/spsj2017