ニュース

CiCLE: クライオ電顕単粒子解析 データ処理講習会

2019年05月17日 会合

主催:医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE) 「タンパク質構造解析のハイスループット化へ向けた装置開発」

日時:2019年6月20日(木)9:00~17:30 6月21日(金)9:00~17:30
場所:大阪大学 蛋白質研究所 本館7階セミナー室
アクセス http://www.protein.osaka-u.ac.jp/access

内容:近年のクライオ電子顕微鏡の単粒子解析の進展は著しく、X線結晶解析に迫る分解能の生体高分子像が得られるようになってきています。

本講習会では、電顕の初心者の方を対象に、電顕画像取得後のデータ処理のノウハウを、実際に計算機を使った講習会形式で体験していただきます。

日本電子のクライオ電子顕微鏡CRYO ARMで撮影された画像を題材として、3次元画像再構成、原子モデル作成の講義・講習を行います。

Relion、UCSF Chimera、gmfit、Phenix、COOTなどのプログラムを用います。
演習に必要な計算機はこちらで準備いたします。

講義・講習の担当:川端 猛(大阪大・蛋白研)、加藤 貴之(大阪大・生命機能)、 田中秀明(大阪大・蛋白研)、栗栖 源嗣(大阪大・蛋白研)、難波 啓一(大阪大・生命機能) 

定員:約10名

参加費:無料

申込方法:事前に以下のWEBページからの参加登録をお願いします。
https://pdbj.org/news/workshop20190620

連絡先:川端 猛(大阪大学・蛋白質研究所)
TEL: 06-6879-4311
email:kawabata(at)protein.osaka-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)


前のページに戻る