ニュース

第61回熱測定講習会 初心者のための熱分析の基礎と応用 ―熱分析の基礎と高分子材料・医薬品への応用―

2008年06月13日 会合

主催 日本熱測定学会

協賛 日本生物物理学会 他

日時 平成20年9月10日(水)~12日(金)

場所 大阪大学豊中キャンパス

プログラム 
10日:講義
材料・医薬品開発に役立つ化学熱力学の基礎 長野八久(阪大)
TG、TG-DTAー測定法と解釈、反応・相転移ー 古賀信吉(広島大)
DSC―測定法と解釈、ガラス転移、化学反応ー 猿山靖夫(京都工芸繊維大)
11日:講義 
高分子の熱分析ーガラス・融解・結晶化の各転移を中心としてー 十時 稔(福井大)
医薬品の熱分析、熱測定ーDSC、微少熱量計測定を中心としてー 米持悦生(東邦大)
微小試料・微小領域の熱分析 中別府 修(明大)
12日:技術紹介・実習
公開セミナー:熱分析機器の最新技術
実習:(A)医薬品の熱分析 米持悦生(東邦大)
   (B)高分子の熱分析 藤澤雅夫(近畿大)、中別府 修(明大)
      (B-1)高分子材料のDSC/(B-2) 高分子材料の局所熱分析

参加費(テキスト、消費税含)A:講義2日および実習、B:講義1日および実習、C:講義のみ(1日につき)、D:実習のみ
正会員 A:36,750円、B:28,875円、C:10,500円、D:21,000円
学生会員 A:21,000円、B:18,375円、C:3,950円、D:15,750円
維持会員 A:47,250円、B:36,750円、C:13,125円、D:26,250円
協賛学協会会員 A:57,750円、B:44,625円、C:15,750円、D:31,500円
非会員 A:73,500円、B:57,750円、C:21,000円、D:42,000円

サブテキスト 「熱量測定・熱分析ハンドブック」丸善 講習会参加割引価格 5,880円(消費税含)

定員 講義:80名 実習:30名程度

詳細は下記学会ホームページをご覧下さい。

連絡先 日本熱測定学会事務局
〒101-00321 東京都千代田区岩本町1-6-7 宮沢ビル601
TEL.03-5821-7120 FAX.03-5821-7439



Email:netsu(at)mbd.nifty.com
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)

URL:http://wwwsoc.nii.ac.jp/jscta/index.html


前のページに戻る