ニュース

「JEM利用高品質タンパク質結晶生成実験」第1回実験搭載タンパク質の募集

2009年02月18日 公募

(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟(JEM)内のタンパク質結晶生成装置(PCRF)を利用し、平成21年度から平成24年度の3年間、半年毎に計6回の宇宙実験を予定しております。今回、第1回実験に搭載を希望するタンパク質の募集を行います。

募集対象(詳細は募集要領を参照下さい)
1. 成果占有による利用
利用経費をお支払い頂くことにより、実験成果を占有で利用することを希望されるタンパク質を対象とします。

2. JAXAの技術開発利用(技術開発)
宇宙実験の結晶生成技術の開発を目的とし、以下の技術領域に関連するタンパク質を対象とします。
膜タンパク質の結晶生成技術/ 化合物-タンパク質複合体の結晶生成技術/ 超大型分子タンパク質の結晶生成技術

3. JAXAの技術開発利用(先導利用)
これまでJAXAが蓄積してきた宇宙実験に関連する各種技術を適用し、JEMでの重要な成果を創出することを目的とし、以下の分野の産業への応用が期待できるタンパク質を対象とします。
医薬分野/ 環境分野/ エネルギー分野

4. 国のプログラムとの連携による利用
文部科学省が推進しているターゲットタンパク研究プログラムに選ばれているタンパク質を対象とします。

募集締切 平成21年3月9日(月) 13時まで 

募集要領 下記、JAXAのホームページからダウンロードください。

連絡先 本募集に関して、不明な点やご質問等ございましたら下記までお問合せください。
    但し、電子メールによる問い合わせを原則とします。
    (独)宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 
      高品質タンパク質結晶生成実験 募集担当宛 



Email:crystal(at)jaxa.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)

URL:http://kibo.jaxa.jp/experiment/theme/application/protein_crystal.html


前のページに戻る