ニュース

JSTさきがけ「脳情報の解読と制御」H21年度公募

2009年04月23日 公募

JSTさきがけ「脳情報の解読と制御」H21年度公募(締切:5月12日)



JSTさきがけ「脳情報の解読と制御」研究領域はH20年に発足し、現在2年目の公募を行っており、応募の締切は5月12日(火)です。下記をご参照の上、ご関心をお持ちの方はぜひ応募をお願い申し上げます。本領域内容の詳細については、領域ホームページhttp://www.bmi.jst.go.jpをご覧ください。

「脳情報の解読と制御」研究領域は、BMI(ブレーン・マシーン・インターフェース)を念頭に、基礎研究から応用研究までをカバーする新しい学際領域の創生を目指し、平成20年度に発足、11名の研究者を採択しましたが、領域としては本年も10名程度を採択する方針です。現在公募中(募集期間:平成21年3月17日から5月12日まで)で、JSTホームページ http://www.jst.go.jp/kisoken/teian.htmlに募集要項等が掲載されています。(※e-Radシステムによる応募)特に平成21年度は、お2人に新しくアドバイザーとして参加していただいたこともあり、認知科学を含む人文社会科学の提案、また分子レベルの提案、さらに単純なモデル生物を対象とした提案、リアルタイムの神経活動のフィードバックを含むような提案を積極的に採択したいと考えています。

 研究総括 川人光男

なお、現在の脳関係の公募状況は次の通りです:

○さきがけ事業「脳情報の解読と制御」(研究総括:川人光男)
 締切:平成21年5月12日(火)
○さきがけ事業「脳神経回路の形成・動作と制御」(研究総括:村上富士夫)
 締切:平成21年5月12日(火)
○CREST事業「脳神経回路の形成・動作原理の解明と制御技術の創出」(研究総括:小澤静司)
 締切:平成21年5月19日(火)
○CREST事業「精神神経疾患の分子病態理解に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出」
 (研究総括:樋口輝彦)締切:5月19日(火)

詳しくはJSTのホームページ(http://www.jst.go.jp)をご覧ください。

*****************************************************
技術参事 板東 武彦
JST戦略的創造研究推進事業「脳情報の解読と制御」
京都府相楽郡精華町光台2-2-2 ATR脳情報研究所内
JST研究領域事務所
TEL 0774-98-3763
FAX 0774-95-0384
Email bando@bmi.jst.go.jp
*****************************************************


Email:bando(at)bmi.jst.go.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)

URL:http://www.bmi.jst.go.jp


前のページに戻る