ニュース

学際生命科学東京コンソーシアム市民講演会

2009年08月27日 会合

「進化するいのちの科学」

 お茶の水女子大学では、東京医科歯科大学、学習院大学、北里大学と連携し、学際生命科学東京コンソーシアムを設立しました。本事業では、それぞれの大学の知の資源を相互に提供し、広い教養と専門性を備えた人材の育成、国際的な生命科学地域拠点の形成を目的としています。このたび、文部科学省「大学教育充実のための戦略的大学連携支援プログラム」に採択され、4大学を核とした事業を推進していくこととなりました。その一環として、本学にて、学際生命科学東京コンソーシアム市民講演会を開催いたします。ふるって、ご参加ください(入場無料)。

日時: 2009年9月26日(土)14:00~17:20
場所: お茶の水女子大学 理学部3号館701号室
主催: お茶の水女子大学
詳細: 下記のURLをご覧下さい。
講演: 小林義典(北里大学薬学部教授)
    「ハーブサプリメントの有効性と安全性」
    岡本治正(学習院大学理学部教授)
    「脳の進化の物語」
    由良 敬(お茶の水女子大学生命情報学教育研究センター教授)
    「紫外線と生き物の関係」
    吉田雅幸(東京医科歯科大学生命倫理研究センター特任教授)
    「美しく年を重ねるために~サクセスフル・エイジングに必要なもの~」



URL:http://www.ocha.ac.jp/information/20090821_2.html


前のページに戻る