ニュース

文部科学省「最先端・高性能汎用スーパーコンピュータの開発利用」プロジェクト(※1)
次世代ナノ統合シミュレーションソフトウェアの研究開発(※2)
第4回公開シンポジウム

2010年02月05日 会合

※1:以下、次世代スーパーコンピュータプロジェクト.
※2:以下、ナノ分野グランドチャレンジ研究開発.

主催:文部科学省次世代スーパーコンピュータプロジェクト
   ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 ナノ統合拠点
協賛:日本化学会、日本物理学会、化学工学会、高分子学会、応用物理学会、
   日本生物物理学会、分子科学会、溶液化学研究会、日本計算工学会、
   スーパーコンピューティング技術産業応用協議会、計算科学振興財団
日時:2010年3月3日(水) 13:00~18:00
   2010年3月4日(木) 9:30~17:55
場所:自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター 大会議室
  (〒444-0864 岡崎市明大寺町字伝馬8-1)
地図: http://www.ims.ac.jp/location/access.html
(岡崎コンファレンスセンター: http://www.orion.ac.jp/occ/ )
   
参加費:無料
参加登録:web登録
http://nanogc.ims.ac.jp/nanogc/sympo2010/index.html

懇親会:2010年3月3日(水) 18:10~19:40
場所:自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター 中会議室
会費:5,000円(当日受付にて頂戴いたします.)

内容:
このシンポジウムでは,次世代ナノ情報機能・材料 (東大物性研,東大院理,東
北大金研,京大基研),次世代ナノ生体物質 (名大,分子研),次世代エネルギー
(分子研) などの次世代スーパーコンピュータプロジェクトにおける活動と産業
における代表的な応用例を報告する.更に我が国を代表するナノサイエンス計算
科学分野の研究者,計算機科学分野の研究者や実験研究者・産業界の方々も幅広
く招き,現状・課題及び実証研究,将来の産業化,サイエンスのブレークスルー
と次世代スーパーコンピュータのあるべき姿等について討論する.

------------------------------------
              講演プログラム

(1日目)3月3日(水)13:00~18:00

13:00-13:05(分子研)  永瀬 茂   事務連絡
13:05-13:10(分子研)  中村 宏樹  挨拶
13:10-13:15(文部科学省)文部科学省  挨拶
13:15-13:20(理研)   茅 幸二   挨拶
13:20-13:30(理研)   渡辺 貞  次世代スーパーコンピュータ
                    プロジェクトの進捗状況
13:30-13:40(産応協議会)高棹 滋  スーパーコンピューティング技術
                    産業応用協議会報告

13:40-14:00  休憩

14:00-14:20(分子研)  平田 文男 ナノ分野グランドチャレンジ研究
                    開発報告
14:20-14:40(名大院工) 岡崎 進  プログラムの高度化
14:40-14:50(東大院理) 常行 真司 実証研究(物性科学WG)
14:50-15:00(京大院工) 榊 茂好  実証研究(分子科学WG)
15:00-15:20(分子研)  江原 正博 次世代ナノ統合ソフトウェア

15:20-15:40  休憩

15:40-18:00  パネルディスカッション
        「次世代スパコンでの新しい挑戦」

モデレータ (分子研)   平田 文男
パネリスト
      (分子研)   江原 正博
      (富士通)   奥田 基
      (東大院工)  押山 淳
      (東大物性研) 川島 直輝
      (東大物性研) 小森 文夫
      (筑波大計算セ)高橋 大介
      (豊田中研)  兵頭 志明
      (東大院工)  山下 晃一
      (東北大院理) 山下 正廣

18:10~19:40  懇親会


(2日目)3月4日(木) 9:30~17:55

9:30-10:10(理研)   花栗 哲郎 「招待講演」
                    分光イメージングSTMを用いた
                    非従来型超伝導の研究
10:10-10:50(東北大院理)山下 正廣 「招待講演」
                    高次機能性単分子量子磁石と
                    単一次元鎖量子磁石の現状と展望

10:50-11:10  休憩

11:10-11:20(理研)   姫野 龍太郎 生命・生体シミュレーションの
                     進捗状況
11:20-11:40(京大化研) 松林 伸幸  大規模分子シミュレーションと
                     溶液理論の融合によるナノ不均一
                     溶液系の自由エネルギー解析
11:40-12:00(産総研)  石橋 章司  第一原理材料シミュレータQMASの
                     開発状況と適用計算例
12:00-12:20(分子研)  田中 康寛  二次元有機導体における電荷秩序
                     の光誘起ダイナミクス

12:20-13:50  昼食

13:50-14:30(阪大基礎工)鈴木 義茂 「招待講演」
                    電流および電圧による磁化の操作
14:30-15:10(京大院工) 浜地 格  「招待講演」
                    蛋白質表面化学から細胞内有機化
                    学へ

15:10-17:10  ポスターセッション
       (ポスターは前日から展示板に貼り出し可能)

17:10-17:30(阪大理)  赤井 久純  大規模系輸送現象のオーダーN2
                     計算
17:30-17:50(分子研)  江原 正博  高精度電子状態理論による理論
                     精密分光と光物性化学
17:50-17:55(分子研)  平田 文男  挨拶

------------------------------------
連絡先:
文部科学省次世代スーパーコンピュータプロジェクト
ナノ分野グランドチャレンジ研究開発 ナノ統合拠点事務局

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町西郷中38 分子科学研究所
TEL: 0564-55-7463 FAX: 0564-55-7024 E-mail: nanogc1@nanogc.ims.ac.jp
URL: http://nanogc.ims.ac.jp/nanogc/index.html
------------------------------------


前のページに戻る