ニュース

有機バイオSPM研究会・2010ご案内 「進歩するプローブ顕微鏡技術とその応用」

2010年04月22日 会合

主催:応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会(M & BE分科会)
協賛:日本顕微鏡学会,日本生物物理学会,日本化学会,日本物理学会,日本表面科学会,高分子学会

日時: 平成22 年9 月3 日(金)10:00~17:10
場所: 幕張メッセ国際展示場 中会議室201(2010 分析展併設)

申込方法:
【事前予約】
件名に「SPM研究会2010参加予約」と明記し,
(1)参加者名
(2)所属・住所・TEL・FAX・E-mail
(3)参加種別:会員の場合は会員番号記載(仮番号可)
(4)テキスト(M&BE分科会誌No.3)の要・不要
(5)ポスター発表の有無及び発表題名・要旨A4半ページ
を添え,E-mail(推奨)又はFAXにて,下記までお申込下さい。

【当日受付】
当日参加も受けつけます。受付で参加票に記入の上,参加費をお支払い下さい。
(*)非会員の方でも,参加登録時に応用物理学会・M&BE分科会にご入会頂ければ、
本研究会より会員扱いとなり参加費が大変お得になります。下記 URL より入会登録を
行い,仮会員番号の取得後に事前参加登録を行って下さい。応物既存会員の方は Web
登録の必要はありません。研究会参加登録時に会員番号とM&BE分科会入会をご連絡下さい。
http://www.jsap.or.jp/join/kojin.html

年会費:A会員(分科会のみ)4,000円, B会員(応物会員)3,000円,学生会員1,000円
参加費: 当日,会場受付でお支払い下さい。
M & BE分科会個人会員 (事前)1,000円 (当日)3,000円
応物学会個人会員    (事前) 3,000円 (当日)6,000円
M&BE分科会賛助会員   (事前) 3,000円 (当日)6,000円
協賛学会個人会員    (事前) 3,000円 (当日)6,000円
一般          (事前)5,000円 (当日)8,000円
学生          (事前)1,000円(当日) 2,000円
テキスト代:1,000円(M & BE分科会誌を持参の場合はテキスト代不要)

申込締切:ポスター発表及び事前受付は2010年8月13日(金)まで。
     一般参加は当日まで受付
定員: 100名(定員になり次第締め切ります、締め切り状況についてはお問い合わせください。)

本研究会の目的: 本研究会は,“SPM を使用した有機・バイオ系材料の研究”に関心を持たれ
ている研究者を対象に,1999 年より毎年開催しております。今回の有機バイオSPM 研究会2010
では,「進歩するプローブ顕微鏡技術とその応用」を中心としたテーマで開催いたします。SPM
にしかできない有機・バイオ分野へのアプローチを中心に最先端研究の講演を頂きます。また、
ポスターセッションを合わせて行います。

スケジュール(予定)
10:00-11:10 大西 洋 (神戸大学 理学研究科)
 「A F M でみる触媒・太陽電池・ポリマー」
11:10-12:20 大平 昭博 (産業技術総合研究所 F C - C u b i c )
 「高分子電解質の物性を探る ~ 表面観察から分かること~ 」
12:20-13:20 昼休み
13:20-14:00 中村 史 (産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門)
 「A F M を用いた細胞解析・細胞操作技術の新展開」
14:00-14:40 篠崎 陽一 ( N T T 物性科学基礎研究所 機能物質科学研究部)
 「生体膜及び生体膜貫通タンパク質のA F M を用いた直接観察」
14:40-14:50 休憩
14:50-15:50 ポスターセッション
15:50-16:30 黒田 雅治 (産業技術総合研究所 先進製造プロセス研究部門)
「非線形振動制御を応用したA F M による生体関連試料の液中観察」
16:30-17:10 福間 剛士 (金沢大学 フロンティアサイエンス機構)
「周波数変調A F M によるナノバイオ界面の高分解能イメージング」


連絡先(事前予約申込先):
有機バイオSPM研究会2010
岩田 太(静岡大学工学部 機械工学科)
TEL. 053-478-1072
FAX. 053-478-1072

世話人:岩田(静岡大),林(東工大),繁野(SIINT),吉野(県広大)
研究会ホームページ: http://annex.jsap.or.jp/support/division/MandBE/sym/index.html

Email:tbiospm(at)ipc.shizuoka.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)


前のページに戻る