ニュース

2006年10月31日 掲載 (Published 10/31/2006)


[緊急連絡] 日本生物物理学会 会員の方々へ

沖縄での年会直前ですので、発表の準備等でお忙しい会員も多くおられることと思いますが、生物物理学会およびその年会に関して、緊急のご連絡をさせていただきます。

入会等の手続きなどに関して、しばらくご不便をおかけすることになりますので、以下に現在の状況をご説明させていただきます。

1.現在の状況
日本生物物理学会の会計および会員管理業務を委託しているメディ・イシュ社から、10月で通常の業務を停止し、11月には完全に撤退するという連絡を10月23日付けで受け取りました。会社の赤字が理由であり、最大の赤字の原因である学会業務部門(数十学協会が関係しています)からの撤退を決断せざるを得ないとのことです。このような事態に対して、日本生物物理学会の運営委員会としては、学会としての損害が発生しないように、そして会員の方々に不便が起こらないように最大限の努力を払い、対策を練ってきました。その結果、業務委託を次の会社に円滑に引き継ぐことができそうです。ただ、引継ぎの期間には、入退会の手続きを一時的に停止せざるを得ませんので、ご了承ください。今後の状況変化についてはメールと学会ホームページでお知らせしますので、最新情報ご注意ください。

2.入会手続きについて
11月1日以降しばらくの間、入会受け付けを停止します。例年、年会前に発表のための入会がかなりありますが、入会手続きが必要な方については沖縄年会開催中に受付カウンターで受け付けます。また、沖縄年会の事前参加登録を済ませた会員には年会参加証が郵送されますが、最近入会手続きをした会員の中には、年会事務局での会員資格確認が間に合わず、年会参加証を郵送できない方がおられます。その場合は「入会金振り込み用紙の控」を年会受付に持参することで、参加証と予稿集を受け取ることができるようにします。

3.会誌発送について
会誌発送に若干の遅れが発生するかもしれません。特に新しく入会した会員の情報を会誌発送に反映することが遅れる可能性がありますので、ご了承ください。

4.会費請求について
2007年の会費請求が遅れる可能性がありますが、請求が届き次第、速やかにお振込みいただくようお願いします。

以上のことに関して不明なこと等がありましたら、会長室までご連絡ください。今回の事態で、学会の活動自体は全く影響を受けておりません。年会も発表数、参加者数も増加しており、盛大な会議となりそうです。生物物理の研究が今後ますます発展することを期待しています。

日本生物物理学会  会長 美宅成樹

email:bpsjp(at)biophys.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://www.biophys.jp/