ニュース

2013年02月12日 掲載 (Published 02/12/2013)


東北支部・新学術領域研究「水を主役としたATPエネルギー変換」共催セミナー

主催:
 新学術領域研究「水を主役としたATPエネルギー変換」
 日本生物物理学会東北支部会

日時:2013年3月5日(火) 15:00〜17:00
場所:東北大学工学研究科 マテリアル・開発系大講義室 (B03)
   青葉山キャンパス 工学部中央棟の東
   http://www.eng.tohoku.ac.jp/map/?menu=campusのB-area
   B03 : http://www.eng.tohoku.ac.jp/map/?menu=campus&area=b

講師:
 Prof. Werner Kunz
 (Regensburg University, Head of Institute of Physical and Theoretical Chemistry)

講演題目:
  "Hydration phenomena around ions, osmolytes, hydrotropes and charged
  protein or surfactant headgroups"

キーワード:イオン・コロイド・水和・イオンと生体分子・ Hofmeister 効果

概要:
 今回、Regensburg University の Werner Kunz 教授をお迎えし、セミナーを開催
 することになりました。奮ってご参加ください。
 Werner Kunz 教授はコロイド溶液や生体分子系における Ion specific effects の
 研究をはじめ、溶液化学分野で大きく貢献されています。

 HP から:Characterization, conception and practical application of complex and
 nano-structured liquids and their interfaces define the central research
 interests of the Regensburg Solution Chemistry Group. We focus on
 environmentally friendly chemicals and the formulation of new consumer
 products in the field of cosmetics, pharmaceuticals, and household products
 from basic research to end-products.

世話人:
 鈴木 誠msuzuki@material.tohoku.ac.jp
 加藤 saorin@material.tohoku.ac.jp
(東北大学大学院 工学研究科 材料システム工学専攻教授 TEL:022-795-7303)
(迷惑メール対策のため、メールアドレスの@は全角文字になっています。)