ニュース

2014年11月05日 掲載 (Published 11/05/2014)


「BIOPHYSICS」にKeisuke Fujita et al. “Myosin V is a Biological Brownian Machine ―Control of fluctuation and the energy conversion―"を掲載

日本生物物理学会欧文誌[BIOPHYSICS]に以下の論文が新規掲載されました。

Keisuke Fujita, Mitsuhiro Iwaki
"Myosin V is a Biological Brownian Machine ―Control of fluctuation and the energy conversion―"

【Editor's Summary】

ブラウン型ナノマシンの作動原理 ―揺らぎの制御とエネルギー変換―

ミオシンVは、アクチン上を歩行運動するモーター蛋白質である。レバーアームを振った動きとランダムなブラウン運動から方向性を取り出す動きを使って機能していることが知られていたが、方向性を取り出す仕組みとエネルギー変換の詳細は不明であった。本論文では、レバーアームで出せる仕事が従来考えられてきたよりも大変小さく、ストレインセンサーを利用してブラウン運動から方向性を取り出す過程が重要であることを示した。

Myosin V is a Biological Brownian Machine ―Control of fluctuation and the energy conversion―

Myosin V is a motor protein walking along actin filament by lever arm swing and diffusive search of the motor domain which is rectified in one direction. However, the rectification mechanism and the details on energy conversion were unsolved. We clarified that the lever arm swing is not a greater force generator but the diffusive search-and-forward-catch by the strain sensor mechanism is the energetically dominant process. Our result urges reconsideration of the lever-arm swinging model and sheds light on the diffusive search-and-catch as a driving process.

BIOPHYSICS, Vol.10, pp. 69-75

URL:https://www.jstage.jst.go.jp/article/biophysics/10/0/10_69/_article