ニュース

2017年05月24日 掲載 (Published 05/24/2017)


第15回日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)シンポジウム「拡大を続けるグライコサイエンス:基礎・応用生物学から健康・医療まで」

日時:2017年10月26日(木)正午~27日(金)終日
場所:九州大学医学部百年講堂(〒812-8582 福岡市東区馬出3丁目1番1号)

主催:日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG) http://www.jcgg.jp/

共催組織:新学術領域「動的構造生命」(http://vsb.bmr.kyushu-u.ac.jp/Shingakujutsu/research/
理化学研究所
後援:日本糖質学会、水谷糖質科学振興財団、日本生物物理学会ほか

世話人代表:神田大輔教授(九州大学生体防御医学研究所)

開催趣旨:グライコサイエンスが関わる基礎研究、医学研究、企業研究の今日的課題を取り上げ、本領域への理解の向上を図り、周辺領域との融合を推進する。

参加対象者:研究者、学生、企業関係者など一般に公開する
参加費:一般2千円、学生無料

問合せ先:吉田圭一
日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)事務局
国立研究開発法人理化学研究所 グローバル研究クラスタシステム糖鎖生物学研究グループ
〒351-0198埼玉県和光市広沢2-1
電話:048-467-9613, Fax:048-462-4692

URL:http://www.jcgg.jp/02/symposium15.html