ニュース

名古屋大学における『AMED/BINDS連携セミナー』

2019年08月07日 会合

https://www.binds.jp/files/information/pdf/107/7d132de6112866c29bc79fb9f1b39fb8.pdf

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の創薬等ライフサイエンス研究支援基盤事業(BINDS)は、研究基盤・技術を
整備して供用することにより、創薬やライフサイエンス研究の推進することを目的にして、研究者の研究支援を行っています。
事業開始から2年あまりの間に、支援総数は1500件を超えました。このBINDS活用をさらに進めていただくために、BINDSのケミカルシーズ・リード探索ユニット、構造解析ユニット、インシリコユニット、プラットフォーム機能最適化ユニットが支援に提供している技術の紹介を行うユニット連携セミナーを開催します。セミナー終了後には、アカデミア創薬に関する個別相談会を行いますので、演者やAMED職員に相談したいことがある先生方は、こちらも是非活用してください。

日時:10月9日(水)13:30-17:00(終了後、個別相談会)
場所:名古屋大学東山キャンパス(〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町)
   アジア法交流館「アジアコミュニティフォーラム」

定員:100名程度

参加費:無料

事前登録:要(先着順)
 ※下部にあります『AMED/BINDS連携セミナー@名古屋大学参加登録フォーム』より必要事項を記載の上、BINDS支援オフィス(assist(at)mail.ecc.u-tokyo.ac.jp)へ メールにて参加申込をお願いいたします。
 ※ご入力頂きました個人情報は、参加者への事務連絡、統計分析以外には使用いたしません。

プログラム:
 13:00-    受付

 13:30-14:00  「オールジャパンでの医薬品創出プロジェクトにおけるAMEDの取り組みとBINDS事業」
          善光龍哉(AMED創薬戦略部医薬品研究課 調査役(AMED-PO)

 14:00-14:45  「アカデミア創薬の想いをカタチに」
          安田公助(東京大学創薬機構構造展開ユニット 特任准教授:ケミカルシーズ・リード探索ユニット)
          金光佳世子(東京大学創薬機構構造展開ユニット 特任講師:ケミカルシーズ・リード探索ユニット)

 14:45-15:15  「名古屋大学タンパク質生産領域の支援技術紹介」
          大嶋篤典(名古屋大学細胞生理学研究センター 教授:構造解析ユニット)

 15:15-15:30  休憩

 15:30-16:00  「Drug Target Excavator (DTX)による疾患-ドラッグネットワークの解析」
          白井剛(長浜バイオ大学バイオサイエンス学部 教授:プラットフォーム機能最適化ユニット)

 16:00-16:30  「生薬データベースの高度化と構造創薬への応用:二次代謝物のデータサイエンス」
          金谷重彦(奈良先端科学技術大学院大学 教授:インシリコユニット)

 16:30-17:00  「有機合成が支えるヒット化合物の構造展開と標的分子固定」
          横島聡(名古屋大学大学院創薬科学研究科 教授:ケミカルシーズ・リード探索ユニット)

 17:00-    アカデミア創薬 個別相談会

世話人:横島聡(名古屋大学大学院創薬科学研究科 教授)
白井剛(長浜バイオ大学バイオサイエンス学部 教授)


========== 『AMED/BINDSユニット連携セミナー@名古屋大学参加登録フォーム』 ==========

■ご氏名(ふりがな)

■ご所属機関(大学・会社名等)

■ご所属部署(学部・研究科・部課名等)

■ご職名(学生の場合は学年等)

■E-mailアドレス

■住所(所属機関の住所)

■電話番号(日中必ず連絡のとれる電話番号)

■個別相談の有無

■その他、ご要望・ご質問などございましたらご記入ください。

==========================================================================

お問い合わせ先:
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)創薬戦略部 医薬品研究課
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル22階
TEL:03-5870-2219  FAX:03-6870-2244
email:20-DDLSG-16(at)amed.go.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)


前のページに戻る