ニュース

一般社団法人学術著作権協会・公益社団法人日本工学会共催シンポジウム「オープンサイエンス時代の学会誌出版の在り方を模索する」

2019年12月16日 会合

日時:2020年1月23日(木)13時30分~17時(13時開場)
場所:御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター【Room C】
 (東京都千代田区神田駿河台4-6)
  https://solacity.jp/cc/access/

プログラム:
1.開会挨拶
 登壇者:岸本 喜久雄(日本工学会 会長)
2.著作権の利活用
 登壇者:鈴木 恵美(恵美法律事務所 弁護士)
3.学術雑誌の出版のビジネスモデルとオープンアクセス化
 登壇者:林 和弘(NISTEP 上席研究官)
4.学術雑誌の出版に係るケーススタディ
 登壇者:中谷 敏幸(日本化学会 学術情報部 部長代理)
5.学協会に必要な対応策について
 登壇者:石島 寿道(学術著作権協会 事務局長)
6.閉会挨拶
 登壇者:脊山 洋右(学術著作権協会 会長)

参加を希望される方は、下記の日本工学会ホームページよりお申込をお願いします。
定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

【公益社団法人日本工学会:申込窓口】
URL:http://www.jfes.or.jp/reg/?eid=200123


前のページに戻る