ニュース

第9回Bio-SPM夏の学校(旧称:バイオAFM夏の学校)

2020年03月06日 会合

主催:金沢大学ナノ生命科学研究所(WPI-NanoLSI)

日時:2020年8月17日(月)から8月22日(土)
場所:金沢大学角間キャンパス(石川県金沢市角間町)

内容・概要:
金沢大学では、超解像AFM(FM-AFM及び、3D-AFM)、高速AFM、走査型イオン伝導顕微鏡(SICM)といった独創的なBio-SPM技術を世界に先駆けて開発し、生命科学研究への応用を進めています。
これらの先端Bio-SPMを自身の研究で使用してみたい若手研究者や学生の皆様を対象に、自身で持ち込んだ試料の観察を実際に体験し、新しい可能性を肌で感じていただくことを目的としたBio-SPM夏の学校(旧称:バイオAFM夏の学校)を開催します。
Bio-SPM夏の学校では、超解像AFM、高速AFM、SICMの3種類の顕微鏡から自分の目的に合ったものを選択できます。バイオ試料もしくはバイオ研究に関連する幅広い範囲を測定対象とします。そして、日頃からこれらの先端Bio-SPMで研究を行なっているスタッフから、装置の操作方法や試料調製のノウハウも学ぶことができます。是非、ご参加下さい。
・今回から「バイオAFM夏の学校」の名称を「Bio-SPM夏の学校」に変更します。
・募集締め切りは、2020年4月10日(金)です。*例年より約2か月早くなっています。
・申込方法・応募様式は、以下のサイトをご覧ください。
日本語版 https://nanolsi.kanazawa-u.ac.jp/ja/summerschool2020/
英語版 https://nanolsi.kanazawa-u.ac.jp/en/summerschool2020/

連絡先:
金沢大学ナノ生命科学研究所(WPI-NanoLSI) 国岡
kunioka[at mark]staff.kanazawa-u.ac.jp  [at mark]を@に置き換えて下さい
076-234-4574


前のページに戻る