ニュース

第20回 国際生物物理学(IUPAB)大会若手支援プログラムのお知らせ

2020年04月02日 学会から

第20回 国際生物物理学(IUPAB)大会がブラジルのイグアスで開催予定です。
日程は2020年10/26~10/30になります。
若手の学会員の参加を促進すべく、前大会に引き続き、日本生物物理学会から「国際学会若手支援プログラム」を実施します。
COVID-19の影響により、期限が変わる可能性もありますが、予稿の申し込みは4/30迄となっています(3/31現在)。予断を許さない状況であり、大会の実施そのものも不透明かと思いますが、このような状況においても研究者本来の営みを粛々と続けることが重要かと考えます。皆さまの積極的な応募をお願い申し上げます。
応募の詳細につきましては、以下をご参照ください。

生物物理学会 国際担当理事 西坂崇之


1. 応募資格:
 2020年5月1日時点において40歳未満(39歳以下)で、学生あるいは任期付きの職位にある若手研究者

2. 応募方法:
 件名「IUPAB2020若手支援プログラム応募」とし、以下の書類をメール送付
  i) IUPAB2020への応募アブストラクトのコピー
  ii) 略歴書(様式任意)

3. 助成金額:
 1件5万円(計10件)    
  
4. 選出方法:
 日本生物物理学会理事会による合議

5. 応募締切:予稿申し込み期限の翌日(2020年5月1日)

6. 採択結果通知:5月下旬

なお、採択者には、学会誌「生物物理」へ参加報告を執筆いただくとともに参加発表の記録として写真をご提出いただきます。
あらかじめご了承くださいますよう、お願いいたします。

書類提出先・連絡先:
日本生物物理学会事務局
email:bpsjp(at)biophys.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)
URL:http://iupab2020.sbbq.org.br/pagina_interna.php?idPagina=278


前のページに戻る