ニュース

長浜バイオ大学における『BINDSユニット連携講習会』

2021年01月08日 会合

【BINDSユニット連携講習会】(Web会議システムZoomによるオンライン講習会)

詳細:https://www.binds.jp/files/information/pdf/178/f11f13cd67e0afc7593051dc3ebf5b56.pdf

日時:2021年2月19日(金) 13:30~17:00(13:00より受付開始)
参加費:無料

事前登録:必要
※ 当講習会へのご参加申し込みにつきましては、こちらのサイトからよろしくお願いします。
    https://www.vaprosforum.org/nKwqK9TEsBe/registration.html
※ 折り返し、ZOOM URLなどのご案内等をお送りいたします。
※ ご入力頂きました個人情報は、参加者への事務連絡、統計分析以外には使用いたしません。

講習会概要 「創薬のためのタンパク質構造インフォマティクス」
近年、抗体医薬品をはじめとしたバイオ医薬品の躍進により、創薬におけるタンパク質科学の重要性が高まっています。
特にタンパク質の構造や機能の改変を理論的に予測・設計する情報生物学的方法は、今後の創薬研究に必須の手法となることが期待されます。
この講習会では創薬支援のためにタンパク質構造インフォマティクスをテーマとして、疾患関連変異のマッピング・デノボデザイン・
抗体デザインなどに利用可能な最新の手法やデータベースを、簡単な実習を交えて解説することを目的とします。

講師:
 土方 敦司 (長浜バイオ大学フロンティアバイオサイエンス学科)  
 森脇 由隆 (東京大学大学院農学生命科学研究科)  
 三井情報株式会社 創薬事業室

世話人:白井 剛 (BINDSプラットフォーム機能最適化ユニット)

プログラム:
13:30 - 13:35: 「開会挨拶」
        善光 龍哉 (AMED)
13:35 - 13:40:「講習会の進め方」
         白井 剛 (BINDSプラットフォーム機能最適化ユニット)
13:40 - 14:40:「Mutation@A Glanceによるヒト疾患ゲノム変異解析」
        土方 敦司 (長浜バイオ大学フロンティアバイオサイエンス学科) 
14:40 - 15:40:「アミノ酸配列からのタンパク質構造予測手法」
        森脇 由隆 (東京大学大学院農学生命科学研究科)   
15:40 - 17:00:「MKI-DryLabを活用した大規模抗体ライブラリからのクローン選択・評価の実践」
        三井情報株式会社 創薬事業室

お問い合わせ先:
創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BINDS) プラットフォーム機能最適化ユニット
E-Mail:t_shirai"AT"nagahama-i-bio.ac.jp ("AT"は@に変更してください。)
TEL/FAX:0749-64-8117/0749-64-8140


前のページに戻る