ニュース

2014年02月18日 掲載 (Published 02/18/2014)


「BIOPHYSICS」にZhi-jie Qin et al. “α-helix formation rate of oligopeptides at subzero temperatures”を掲載

日本生物物理学会欧文誌[BIOPHYSICS]に以下の論文が新規掲載されました。

Zhi-jie Qin, Akio Shimizu, Jinsong Li, Masamichi Ikeguchi, Masaji Shinjo, Hiroshi Kihara
“α-helix formation rate of oligopeptides at subzero temperatures”

【Editor's Summary】
αヘリックスの形成速度は-50℃でもミリ秒より速い

蛋白質のフォールディング初期過程にαヘリックスが形成される速度について、変性剤希釈法でミリ秒より遅いとのデータが発表されていた。我々は、16個と17個のオリゴペプチドを用いて、-50℃でもαヘリックスが形成される速度はミリ秒より速いと結論づけた。この結果は、温度ジャンプ法などの結果とよく一致しており、αヘリックスの形成がフォールディングの初期過程に重要な役割を果たす可能性を示唆した。

Formation rate of alpha-helix is faster than a few milliseconds even at -50℃

Previously, Clarke reported that alpha-helix formation rate is so slow as in millisecond region by means of denaturant-dilution jump. We repeated the same kind of experiments with 16th and 17th oligopeptides. Results we obtained demonstrated that all helical formation rate is faster than a few milliseconds even at -50℃. The results are very consistent with T-jump study so far reported, and it is suggested that alpha-formation might be an important role in the initial process of protein folding.

BIOPHYSICS, Vol.10, pp.9-13

URL:http://dx.doi.org/10.2142/biophysics.10.9