ニュース

2018年04月26日 掲載 (Published 04/26/2018)


2018年度Bio-SPM技術共同研究課題の募集

主催:金沢大学 新学術創成研究機構ナノ生命科学研究所(WPI-NanoLSI)

申請書提出期限:2018年5月11日(金)17時必着(ただし、締切り後も引き続き募集を行います)
研究実施期間:選考後(2018年6月初旬頃)から2019年3月31日

場所:金沢大学 WPI-NanoLSI(石川県金沢市角間町)

内容:
金沢大学では、超解像AFM(FM-AFM及び、3D-AFM)、高速AFM、走査型イオン伝導顕微鏡(SICM)といった独創的なBio-SPM技術を世界に先駆けて開発し、生命科学に応用してきました。金沢大学WPI-NanoLSIにおいては、個々の大学や研究機関の枠を超えて、これらのBio-SPM技術を利用した共同研究を推進することで、ナノ生命科学の発展に貢献することも目標に掲げています。本事業で募集するのは、これらの装置を利用して、所内の受け入れ教員の協力を得て、申請者が自ら行う研究課題です。ただし、上記装置に限らず、本拠点が保有するBio-SPM技術付帯設備を利用するものも含みます。
詳細は、リンク先をご覧ください。
https://nanolsi.kanazawa-u.ac.jp/bio-spm2018/

連絡先:
金沢大学WPI-NanoLSI技術共同研究事業担当 国岡
〒920-1192 石川県金沢市角間町   自然科学2号館2B616号室
Tel:076-234-4574

email:kunioka(at)staff.kanazawa-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)