ニュース

佐藤 慎哉 氏、山下 高廣 氏、松田 道行 氏(京都大学)の研究グループが、ロドプシンと暗黒をきっかけに生じる桿体視細胞のcAMP依存性キナーゼ(PKA)活性化現象を発見

2020年10月14日 プレス

佐藤 慎哉 氏、山下 高廣 氏、松田 道行 氏(京都大学)の研究グループが、ロドプシンと暗黒をきっかけに生じる桿体視細胞のcAMP依存性キナーゼ(PKA)活性化現象を発見しました。

京都大学
https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2020/201013_2.html


前のページに戻る