ニュース

金沢大学新学術創成研究機構「革新的統合バイオ研究コア・高速バイオAFM応用研究ユニット」特任助教の公募

2021年06月30日 公募

所属:金沢大学 新学術創成研究機構 革新的統合バイオ研究コア・高速バイオAFM応用研究ユニット

職名・募集人数:特任助教 1名

応募締切:2021年8月27日(金)15時【日本時間】必着

機関の説明(募集の背景,機関の詳細,プロジェクトの説明等):
金沢大学では、平成27年4月から「新学術創成研究機構」を設置し、新しい学問分野・学問領域の創成につながる学問分野融合型研究の一層の推進を目指しております。ついては、下記の要項により特任助教の公募を行うことになりました。

仕事内容(業務内容):
高速バイオAFM応用研究ユニット(ユニットリーダー:柴田幹大 教授、若手PI:角野 歩 助教)において、研究室メンバーと連携しながら、高速AFMを用いたバイオ応用研究に取り組む。ライフサイエンスの難問を自らで設定し、その解明に向け、既存の高速AFMの利用、もしくは、既存の高速AFM技術のさらなる発展を目指した研究を行う。自らの専門分野以外の研究内容にも興味・理解を示し、本学の新学術創成研究機構内で積極的に共同研究を行えること。AFMの研究経験は問わないが、タンパク質精製、生化学、分子生物学、生物物理学のいずれかの分野で研究経験があり、高速AFMを用いた生細胞、タンパク質の研究に強い意欲を有すること。

勤務地住所等:金沢大学角間キャンパス(石川県金沢市角間町)

着任時期:2021年11月1日以降のできるだけ早い時期

勤務形態:任期は2024年3月31日まで(単年度ごとに雇用更新)

給与:
国立大学法人金沢大学特任教員の就業に関する規則による。なお,給与は学歴・職務経験等を考慮した上で決定する。給与に関する詳細は下記URLをご覧下さい。
https://www.kanazawa-u.ac.jp/wp-content/uploads/2021/02/special1.pdf

詳細は下記URLをご確認ください。
問い合わせ先:金沢大学新学術創成研究機構 高速バイオAFM応用研究ユニット

Email:msshibata(at)staff.kanazawa-u.ac.jp
迷惑メール対策のため、メールアドレスの(at)を@に置き換えてください。 (Please use at sign instead of (at).)

URL:https://bioafminfi.w3.kanazawa-u.ac.jp/


前のページに戻る