ニュース

新谷正嶺氏(中部大学)が、温められた心筋は安定性と不安定性を併せ持った収 縮リズムを刻むことを発見

2022年04月27日 プレス・受賞

新谷正嶺氏(中部大学)は、温めた心筋細胞内のサルコメアは概位相同期カオス 振動子となり、振動周期を一定に保ちながらカルシウム濃度変化に応答して鋭敏 に振動波形を変化させることを発見しました。


詳細は、ウェブサイトをご確認ください。

URL:https://www3.chubu.ac.jp/research/news/28040/



前のページに戻る