ニュース

清水幹夫先生・傘寿記念ミニシンポジウム 『生命の起源に魅せられて』

2012年11月06日 会合

日時:12月22日(土)13:00~16:20(親睦会:16:30~18:00)
場所:東京薬科大学・4301講義室(教育4号館3階)
(東京都八王子市堀之内1432-1)
  http://www.toyaku.ac.jp/access/index_j.html
会費:シンポジウムは無料、親睦会費は、一般4000円、学生2000円

概要:
 惑星および生命の起源のご研究で名高い、宇宙科学研究所・名誉教授の清水幹夫先生
 が今年80歳を迎えられました。清水先生の傘寿を記念し、関連する研究者をお招きし
 たミニシンポジウムを、12月22日(土)に東京薬科大学で開催します。現在もご研究
 を続けられている清水先生の最新のお話をはじめ、生命の起源に関連した研究者の講
 演を予定しております。より多くの皆さんの参加をお待ちしております。


プログラム(敬称略):
 座長:横堀伸一(東京薬科大)
 13:00-13:20 田村浩二(東京理科大・生物工学)
   「アミノ酸のホモキラリティーとtRNA」
 13:20-13:40 山岸明彦(東京薬科大・生命科学)
   「火星での生命探査計画」
 13:40-14:00 渡辺公綱(東京薬科大・生命科学/東京大・名誉教授)
   「ミトコンドリア翻訳系から遺伝暗号の起源を探る」
 休憩(14:00-14:10)

 座長:田村浩二(東京理科大)
 14:10-14:30 姫野俵太(弘前大・農学生命)
   「2つのtRNA/mRNAハイブリッドによるトランストランスレーション」
 14:30-14:50 郷 通子(情報・システム研究機構/名古屋大、お茶大・名誉教授)
   「イントロンの起源と選択的スプライシング」
 14:50-15:10 大島泰郎(共和化工/東京工業大、東京薬科大・名誉教授)
   「Magic20と生命の起原」
 休憩(15:10-15:20)

 15:20-16:00 清水幹夫(宇宙科学研究所・名誉教授)
   「単一アミノ酸触媒によるEMP回路の形成」
 
 16:00-16:20 総合討論(司会:横堀伸一)
 休憩(16:20-16:30)

 16:30-18:00 親睦会(東京薬科大内のレストラン「マグノリア」)


世話人:
 横堀伸一(東京薬科大学)yokobori@toyaku.ac.jp
  (迷惑メール対策のため、メールアドレスの@は全角文字になっています。)
 田村浩二(東京理科大学)koji@rs.tus.ac.jp
  (迷惑メール対策のため、メールアドレスの@は全角文字になっています。)

参加人数を把握させて頂きたいので、参加希望者は12月10日(月)までに親睦会参加の有無とあわせて、横堀(or 田村)までメールでお知らせください。


URL:http://www.origin-life.gr.jp/01img/2012shimizu_sanju.pdf


前のページに戻る